| ホーム | イベント予定表 |

2回目のバラ剪定教室も大盛況で終わりました!

おはようございます。スタッフのはせっちです。
先日はガーデンのハウス内で、ブッシュローズの剪定教室が行われました。
天候が良ければ、前回のように外で気持ちよくできたのですが
あいにくの強風のため、ハウスの中で行われました。
狭いスペースにも関わらず、多くの方にお越しいただいて
どうもありがとうございました!

私も後ろの方で聞いていたのですが、ゴーゴーと風の音がうるさくて
内容が所々聞こえなかったりしたので、おそらく皆さんも
聞きずらかった所があったと思います。大変申し訳ございませんでした。

まずは、つる仕立てもブッシュ仕立てもOKの、イングリッシュローズからの剪定です。
もともと7号鉢のもを12号鉢に植え替えてあります。
(イングリッシュローズは12号鉢に植えると大きく育つそうですよ。)

ではどんな枝をカットしていくのかというと・・・
細い枝は、あってもイングリッシュローズのような大輪の花をつける場合は
ほとんど咲かないのでカット。
次に枯れ枝も、しっかり切らないと枯れが進んできてしまうので
際でしっかりカット。
そして内側に向いている枝も、混み入ってしまうので切ります。

最終的な目安としては、元の大きさの1/2になるくらいだそうです。
内芽と外芽のどちらを切るのか?という問題は、
イングリッシュローズの場合は、全体の形のバランスを優先させるということで
切りたい所がちょうど外芽ならいいのですが、もし内芽だった場合も
そこで切ってしまってOKとのことです。
全体的にまんべんばく花がつくように剪定をするのが大きなポイントです。
コツとしては、鉢をクルクル回しながらやると、全体が見えやすいですよ。
あとは、剪定した後、寒肥をやるのも忘れずに。

それから、浅い剪定をするオールドローズ、小さい花をたくさんつけるチャイナローズ、
バランスが崩れて伸びているバラの修正方法などの解説があり、
質問コーナーへと移りました。(内容は割愛させていただきます。)

剪定といっても、バラの品種によって方法も様々なんだということが分かった講義でした。
切ってみて、春にどんな風に咲くのかを見て、また色んな方法を試してみて・・・と
根気良く、経験を積んでいかないといけない作業です。
何よりまずは、自分が持っているバラのことをよく知ることが大切ですね。

皆さんも今回の講義をぜひご自身のお庭のバラにいかしてみてください☆

だいたいこんな仕上がりになるように剪定をします。
20100210_50.jpg



バラの剪定教室は大盛況で終わりました!

おはようございます。スタッフのはせっちです。

1月30日(土)にガーデンにて「つるばらの剪定・誘引教室」が行われました。
この教室はなんと参加費が無料!!ということで、本当にたくさんのお客様が
いらっしゃいました。ありがとうございました。
来週2月7日(日)は「ブッシュローズの剪定」教室が行われます。
こちらも参加費は無料ですので、ぜひご家族やお友達をお誘いあわせの上
お越しくださいね。

バラマスターのOさんによる講義が始まりました。
人が多すぎて、前が見えません…



まずは大苗の植替え方法です。実野里方式では、
軽石→実野里オリジナルのバラの土→アフセップ(肥料)→蒸しくんたん
→ガーデンマルチという順番で入れていきます。
それぞれの役割なども詳しく説明がありました。
中でも、オリジナルの土とアフセップという肥料、ガーデンマルチは
たくさんのお客様にご好評いただいている商品なんですよ~。

20100203_2.jpg

続いて、バラの剪定・誘引に使う道具の説明です。
手袋・剪定バサミ、簡易のこぎり、ブラシ、ステップル、ワイヤー、麻ひも、
など、それぞれどんなものを使っているのかと、その役割などの説明がありました。

20100203_0.jpg

次はオベリスク仕立ての実演です。
まず去年の状態からくずしていく所からスタートです。
無理やりくずさず、枯れ枝や未熟な枝は落としながら
少しずつゆっくりくずしていきます。

20100203_3.jpg

ある程度くずしたら今度は根もとの枝から誘引を開始します。
らせん状になるよう枝を配置していくのですが、
ポイントは、傾斜角度を統一することだそう。
そうすると出来あがりが美しくなります。
あとは、あいている(枝がない)ところがないよう
まんべんなく枝を配置することだそうです。

20100203_5.jpg

次は壁面仕立ての実演です。
カフェが木造なのでその壁面にくぎ(ステップル)
を打ちながら、くくりつけていきます。
バラは「頂芽優勢」という、上にある芽が伸びるという習性があるので
なるべく横へ横へ、曲げながら固定していきます。

20100203_6.jpg

時には脚立に登ったり…
ちょっと男性仕事のような、危険な作業もあります。

20100203_7.jpg

Oさんがあまりに早い手さばきでバラをくくりつけていて
その麻ひもの結び方にみなさんの注目が集まったようで
「その結び方はどうやるんですか?」という声が。
それにお答えして、結び方もゆっくり実演してくれました。

20100203_8.jpg

最後はたくさんのお客様に囲まれて質問タイムに…
みなさん日頃疑問に思っていることを聞いていました。

20100203_9.jpg

資材セールも実施して、本日使った肥料や土、ハサミなどの
グッズもお買い得になっていますよ☆

20100203_10.jpg

20100203_11.jpg

次回の教室は7日(日)です!
日頃疑問に思っていることなども、直接聞ける場でもあるので
この機会にぜひ尋ねてみることをオススメします。
それでは、スタッフ一同お待ちしていますね♪♪

剪定・誘引の詳しい説明はこちらをご覧ください!
<フェンス、アーチ、オベリスク仕立ての剪定と誘引>
http://www.minori87.co.jp/rosepage_top.html

バラの剪定をしました。その2

こんにちは、スタッフのはせっちです。

お店に並んでいる角鉢のバラもそろそろ剪定の時期をむかえています。
今日の剪定チームは、スタッフのIさんとWちゃん。
ガーデンのバラと植物を管理している、ベテランガーデナーのOさんから
指導を受けながらの剪定デビューとなりました。

といっても、自宅でたくさんバラを栽培しているIさんは
手馴れた手つきでサクサク切っています。



良い芽の5ミリほど上でカット。(写真下)
カットすると、すぐ下の芽からグーンと枝が伸びます。

「Iさんが心がけていることは?」と尋ねたら
「全体が咲いた時のことをイメージして切るのよ~」だそうですョ。

20100119_2.jpg

こういうちっちゃな芽は、花がつかないのでカットしてしまうそうです。(写真下)

20100119_3.jpg

二人がかりで、お店のバラ苗の剪定が完了しました~!
花が咲くのが待ち遠しいです♪

20100119_4.jpg

一方こちらは、スタッフOさんによるつるバラの剪定と誘引です。
「何年やってもやっぱり難しい~」と言ってますが
ここまでまとめ上げるのは、さすがです。

20100119_5.jpg

剪定した枝がきれいな波形になっています。
春になると新芽から新しい枝が出て、花をたくさんつけてくれます。
それを想像しながら剪定するのも、地道ではあるけれど
バラ栽培の醍醐味なのでしょうね♪

20100119_6.jpg

スタッフOさんによる、剪定・誘引の教室を開催いたします!
参加費は無料ですので、ぜひこの機会にご参加ください☆
------------------------------------------------------------
つるバラの誘引教室
日時:1月30日(土)13時~ 参加無料

ブッシュローズの剪定教室
日時:2月7日(日)13時~ 参加無料

※事前のお申し込みは不要です。
 参加ご希望の方は、当日時間までにガーデンへお集まりください。


<資材SALE>
教室開催にともなって、1月30日(土)~2月10日(水)
資材類がレジで10%OFFになります。
------------------------------------------------------------





ガーデンのバラに寒肥を施しています。

こんばんは。スタッフのはせっちです。
昨日の作業日記です。
バラの基礎体力をつけるために、剪定後に寒肥を施しています。

この日の寒肥チームは、ベテランガーデナーIさんとスタッフのWちゃん。
20100112_1.jpg

まずはバラの周りにアフセップという肥料をバラの周囲にぐるりとまきます。
その上に、今度はくん炭をまきます。


最後にガーデンマルチでマルチングをしてできあがり☆
これで、雨が降ると肥料がじわじわと根にしみていきます。

マルチングは、霜が降りて根が傷まないようにするのと保温のためにします。
寒さに弱い地植えの植物にはぜひしてあげてくださいね。
20100112_3.jpg

一方ハウス裏では、何やら大掛かりな作業が始まっている様子。
ウッドデッキをハウスまでつなげるそうです。
20100112_5.jpg

こちらはペンキ塗り。
この続きはまた後日レポートしますので、どうぞお楽しみに~♪
20100112_6.jpg



バラや落葉樹の剪定を始めています。

みなさんこんにちは!スタッフのはせっちです。

新年の初売りもひと段落したところで、いっせいにガーデンの剪定作業が始まりました!
寒くなってきてバラも休眠しているので、ダメージが少ない今のうちに
剪定をしてしまいます。
ガーデンには約300株ものバラが植えられているので
これを全部するとなると、膨大な時間がかかりそうですね~!

ガーデン暦1年のはせっちは、まだまだ剪定をするには程遠いので
ベテランガーデナーである先輩のO(オー)さんの様子をお伝えしたいと思います。

こちらは、ピーター・ビールスのお庭。
第10回国際バラとガーデニングショウの時に、ピーター・ビールスが作ったお庭を
移設したお庭です。(→詳しくはこちらに。



つるバラの剪定と誘引をする、スタッフのOさん。
バラのエキスパートであります。
20100109_2.jpg

剪定した枝をひとつひとつ丁寧に、麻紐でオベリスクにくくりつけていきます。
20100109_3.jpg

完成したのがこちら!
コツコツした地道な作業なのだそう。
20100109_4.jpg

こちらもフェンスに丁寧にくくりつけてあります。
新しい枝を出させるために、こうやって水平に誘引するんですね。
20100109_5.jpg

入り口にある木製パーゴラ。
20100109_6.jpg

ベンチの周りにもしっかりと誘引。
春になるのが待ち遠しいですね~♪♪
20100109_7.jpg

一方、こちらはガーデンの姫リンゴの剪定をする、社長です!
テキパキとした手さばきで枝を落としていきます。
「剪定を教えるから今いるスタッフは集まって~」と社長。
私も初めて落葉樹の剪定を見ることができました。
20100109_8.jpg

剪定後の姫りんご。
今年の秋はたくさん実がなることでしょう♪
20100109_9.jpg

こんな感じで、ガーデンの剪定作業が進んでいます。
そして、この剪定作業をバラが好きな皆さんにも知っていただこうと
剪定・誘引教室を下記の通り、開催することになりました!
みなさんもこの機会に、ぜひご参加くださいね☆

---------------------------------------------------------------
つるバラの誘引教室
日時:1月30日(土)13時~

ブッシュローズの剪定教室
日時:2月7日(日)13時~

<資材SALE>
教室開催にともなって、1月30日(土)~2月10日(水
資材類がレジで10%OFFになります。
---------------------------------------------------------------



最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
385位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール
Auther:実野里スタッフ
FC2ブログにようこそ!
実野里フェイバリットガーデンの情報、アレンジメント、売店情報、イベント案内等ホットな内容をお知らせしていきます。
実野里フェイバリットガーデン


実野里ホームページへ

フェイバリットガーデンの紹介〒346-0112
埼玉県久喜市菖蒲町柴山枝郷409

電話:0480-85-1378
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター